2005年12月11日

巨人戦中継衰退の真の恐怖 その3

前回 巨人戦中継衰退の真の恐怖 その2

前回までのあらすじ
「もう俺達、潮時だと思うんだ。」
TV局はプロ野球に切り出した。
今TV局君に見放されたら…
規模が小さくなってみんなに忘れられるし
パトロンから赤字を補填してもらえなくなっちゃう…
「お願い、私のこと見捨てないで!」
二人の恋の行方は…?


前回までは、「巨人戦中継のゴールデン帯放送がなくなるとどうなるの」を
書いてきました。
でも、僕の主張には反論の余地があるのでそれについて。

<認知がどれだけ下がるかはわからない>
「巨人戦中継のゴールデン帯放送」がなくなると
プロ野球のマスコミ露出が減ります。
これは確実です。
ので、一般層の認知が下がることは間違いないのですが、
じゃあ、どれだけ下がるかというと、これは誰にもわからない。
僕はかなり認知が下がると予想していますが、特に明白な根拠はなく
実際にはほとんど下がらないかもしれない。
逆に自分の予想を超えるくらい急激に下がる可能性もあります。
今のマスコミによるプロ野球煽りがどれほどの効果をもたらしているか
誰にもはっきりとはわからないのです。
僕のようにかなり認知が下がると思っている人は、
「不明瞭な常識」に基づいて発言しています。
(そして、定性的で不明瞭な常識が
 くつがえされることはしばしばある。)
とりあえず、「かなり下がる」と考えるのは、
同様に考える人がいっぱいいることから
自然な発想であることは記しておきます。

また、プロ野球の認知度は球界関係者の努力に依る分もあります。
正しい広報の努力がなされれば、認知度の低下の進行を妨げることができます。


今回の話をまとめると、
「巨人戦中継がゴールデンから撤退すると
 マスコミ露出が減り、下げ幅はわからないが
 とにかくプロ野球の認知度が下がる。」
ということです。

次の「巨人戦中継衰退の真の恐怖 その4」でこの話を終わりにする予定です。
posted by 21 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

裏切り者に制裁を?

一日遅れです。

イチロー、井口ら29選手!松井秀は返事を保留
WBCアジア予選日本代表メンバー発表

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/05season/column/200512/at00006956.html (スポーツナビ)
 [記事本文]
野球の“真の世界一”を決定する「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」のアジア予選(アサヒスーパードライ プレゼンツ 2006 WORLD BASEBALL CLASSIC アジアラウンド)に出場する日本代表メンバー29人が9日、発表された。日本代表の王貞治監督が一人ずつ名前を読み上げ、米大リーグに所属する選手からはシアトル・マリナーズのイチロー外野手のほか、シカゴ・ホワイトソックスの井口資仁内野手、サンディエゴ・パドレスの大塚晶則投手の3選手が選ばれた。注目されたニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜外野手は返事を保留し、代表選手のリストに入らなかったが、王監督は「(アメリカでの本戦には)100パーセント出てくれるものだと思っている」と期待を寄せた。

 また、渡辺俊介投手や里崎智也捕手ら今シーズン日本一に輝いた千葉ロッテマリーンズから、8選手が選出された。(以下、省略)


案の定、阪神と中日は辞退者多数のもよう。
戦力的に考えて、一選手ずつってありえません。
こりゃ、阪神と中日は巨人とオープン戦組めないでしょうね。
清武代表の言ってた制裁発動です。
WBCについて巨人球団代表がコメントしてた

今日はサッカーW杯の対戦国決定があったので、
週末のスポーツニュースでは、WBCのメンバー決定がかすみそうです。
ちょっと間が悪いかも。

「巨人戦中継衰退の恐怖 その3」は明日書きます。
posted by 21 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

巨人戦中継衰退の真の恐怖 その2

前回 巨人戦中継衰退の真の恐怖 その1
  前回までのあらすじ
TV局が巨人戦中継から撤退すると、
なんとプロ野球の露出は激減してしまうのであった!
どうする、プロ野球!?
がんばれ、プロ野球!!


マスコミがプロ野球に足を突っ込み過ぎていることなどから
前回の話は単純化しすぎたきらいがありますが、
大まかな流れは合っていると思うので、話を先に進めます。

さて、マスコミ露出が減るとどうなるでしょうか?

(1)一般層へのアピールが難しくなる
あなたは現在のプロ野球球団の名前を全て言えますか?
これはプロ野球ファンじゃない人でも
答えられる人が多いと思います。
(少なくとも昭和生まれの年代以上なら、答えられると思う)
何気ないですが、これってかなりすごいことです。
例えば、J1のクラブを全部言えますか?
Vリーグのチームを全部言えますか?
何かのスポーツの中でトップを走る選手・チームは知っていても
その他の主要な選手・チームを、ファン以外が知っていることは稀です。
それくらい、プロ野球のマスコミ露出は群を抜いている。

マスコミ露出が減ると、こういうのがなくなってきます。
そして、一般層やファンがごっそり抜けることが考えられます。
まず、一般層の認知が減れば、煽られてプロ野球を応援する人は減ります。
ファンを自認する人でも、
今はTVをつければ無料でやってるからファンだという
ライトな人もいるでしょう。
ライトなファンが、マスコミ露出が減り
お金を出さないと情報が手に入らない時代になっても
ファンでいてくれるとは限りません。
そして、こういうライトなファンが
他のスポーツより圧倒的に多い気がするだけに、
「ファンの大量離脱」が有り得ると思います。


また、子どもの世代に深刻な影響が出てくることも、考えられます。
球団・選手がわからないどころか、
複雑な基本ルールも覚えてもらえなくなるかもしれません。
そうすると、ファンが減るだけでなく、競技人口も減少します。
これは野球のレベル低下にもつながります。
まあ、子どもたちへのアピールは、野球界全体という視点で考えれば
イチローや松井のように、メジャーでの成功者がいるうちは大丈夫かもしれませんが。


(2)親会社が抜け始める
一般層への露出が減るだけなら、まだ何とかなるかもしれません。
仕組みや成り立ちが違うので単純比較はできませんが、
例えば、Jリーグは立ち上げ時のブームから一転
ゴールデン撤退に見舞われマスコミ露出が激減しましたが、
努力の末、今ではプロスポーツリーグのお手本と
言われるまでになりました。

Jリーグは一般層の認知がいまいちでも
やっていける仕組みを作りだしました。
しかし、プロ野球は違います。
プロ野球の場合は一般層の認知の高さこそが
親会社が球団を持つ理由だからです。

ほとんど巨人戦の放映権料が入らないパリーグの球団の多くは
数十億の赤字を出し、赤字は親会社が補填しています。
数十億も補填してくれる理由は、
プロ野球のマスコミ露出が多く、一般層への認知度が高いからです。
例えば、スポーツコーナーでプロ野球の結果速報では
「ロッテ対日本ハムは…」のように親会社の名前を連呼してくれます。
また、プロ野球球団を持つことは全国的知名度や企業の信頼度を高くすることは
オリックスなんかがよく代表例として挙げられるところです。
2004年の新規参入もこれがなければ、起こらなかったでしょう。
(なので、一部を除いた親会社にとっては
「これからは地域密着!」という世論に対して
 本音ではとんでもないと感じてると思います。)

マスコミ露出が減り、一般層の認知が低くなると
親会社が多額の赤字を補填する理由がなくなります。

親会社が一斉に球団を潰して、プロ野球滅亡…
というのは、世間の評判や球場使用契約などがあるので
妄想に過ぎないでしょうが、
今の親会社が球団を捨てて
それを地元企業が連合して買い取るというのは
有り得ると考えています。
(ダイエー→ソフトバンクのときの地元の反応を見ると)
しかし、地元企業連合では球団を支える体力がそこまで無いので
かなり小規模な、それこそ規模、知名度ともに社会人野球レベルの
プロ野球になると思います。
親会社が持ち続けるにしても、今と同じ規模の赤字を補填し続けるでしょうか?

現在のプロ野球は規模が大きいからこそ、
観戦者の多い娯楽となり、目指す子どもたちもいる。。
今よりもはるかに小規模なプロ野球を見たい人が大勢いるかどうか。
今よりもはるかに小規模なプロ野球に行きたいと思う子どもたちがいるかどうか。
他スポーツに流れるんじゃないかな?
(競技人口に関しては、サッカーの一人勝ちになるでしょう。
 観戦者に関しては他のスポーツというより、
 他の娯楽に流れると思います。)
そして、さらに小規模になりいつの間にかフェイドアウト…
みんなが知らない間にプロ野球が消滅…

絶対ありえないと、あなたは主張できますか?


今日は脅迫めいたことばかり書きました。
「巨人戦中継衰退の恐怖 その3」は、ここまでの暗い主張に対するフォローです。
posted by 21 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

ねばる巨人

「焦る巨人」、「もがく巨人」などの記事タイトルも考えましたが
結局、「ねばる巨人」にしました。

巨人、野球塾開校へ 公開練習に300人
http://www.sankei.co.jp/news/051204/spo066.htm (サンケイスポーツ)
 [記事本文]
巨人が4日、来春開校予定の「ジャイアンツ・アカデミー」の公開練習を東京都内の小学校で行い、児童や保護者ら約300人が参加した。

 未就学児と小学生を対象にし、技術、体力の向上、人間形成が目的。児童には元巨人コーチを中心に投球、捕球などの基本を丁寧に指導し、保護者にはアカデミーの理念や独自に開発したカリキュラムの説明を行った。

 来年4月に開校し、東京都江東区内で年間38回程度の授業を行う予定。本格的な野球塾を開校して競技人口の底辺拡大を目指す。清武英利球団代表は「サッカーを意識している。いずれは全国にアカデミーを展開していきたい」と語った。(記事終わり)


12月4日にこんな記事が出てたようです。
見逃していました。

読売は、アジアシリーズを開いたり、女性向けサイトを作ったりと
様々な方策を打っています。
「巨人=殿様商売」というのが従来のイメージでしたが、
巨人戦視聴率低下や観客動員数が1位から転落などで
さすがに焦っているようです。

清武代表はJリーグ運営の人に相談したりしているようなので、
巨人野球塾はJから思いついたアイディアなんでしょう。
但し、プロ野球の場合には甲子園利権やドラフトを何とかしないと
巨人にとってはユースを作ってもしょうがないのですが…。
まあ、純粋に野球の普及という点では意味がありますけど。
(効果は小さいけど。)

巨人アカデミーは全国展開の予定だそうです。
Jに学んでいるわりには、
巨人は地域密着ではなく全国展開で行くと
清武代表は明言しています。
(実際、今年は東京ドームでの試合を減らして
 地方をまわる「新幹線シリーズ」を実施)
かつてほどでなくても
ゴールデン帯中継が成り立つくらいの
全国的巨人人気を狙っているのでしょう。

その一方で、読売は特に巨人のためにならない
アジアシリーズを主催しました。
これは、プロ野球人気回復のため?

読売は、巨人とプロ野球の復活の二本立てを狙っているように見えます。
「ナベツネほど球界の将来を考えている人はいない。」
という意見もありますが、本当にそうなのかもしれません。
読売の利益のために巨人を最優先にするという条件下で、
真剣にプロ野球の将来を考えているのかもとも思います。
(実際、ナベツネはMLBの仕組みに関してとか
 プロ野球の方向を自由主義的にすべきでそのための策とか
 理由を持って独自の主張をしています。
 主張が正しいかは別にして。)

ただ、「読売の利益を最優先」にしている限りは
プロ野球は今のように歪んだままです。
ナベツネが読売のことを最優先するのは当たり前のことです。
読売グループのトップですから。
なので、プロ野球の歪みを正すには
読売新聞社に退場してもらわないといけません。

だから、「ねばる巨人」というのは
球界の正常化のためには、あまりよいニュースともいえないのです。
(でも、本当に退場してしまうとマスコミ露出が少なくなる。ジリ貧です。)

「巨人戦中継衰退の真の恐怖 その2」は明日書きます。
posted by 21 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

巨人戦中継衰退の真の恐怖 その1

受け売りの多い内容になってしまいますが、
大切なことであるうえに
気づいて無い人がたくさんいるようなので書きます。


近年、巨人戦の視聴率は超低迷しており、
現在、TV局は巨人戦中継から手を引いていく流れになっています。
そして、巨人戦が衰退すると放映権料収入が減って
セの球団の経営が苦しくなることは、ご存知の方も多いと思います。
(よく知らない方は→プロ野球の視聴率を語るblog 初心者の部屋
 また、上記サイトでは
 ・巨人じゃなくて阪神やパ・リーグを流せば?
 ・巨人が強くなれば視聴率は回復する      etc
 といったよくある反論についても、きっちり論破しています。)
巨人戦中継ゴールデン撤退は、近未来に間違いなく起こるだろうので、
広島が潰れるのは時間の問題でしょうし
横浜やヤクルトも相当危ないです。
でも、巨人戦中継が衰退したときに、
セリーグの数球団が潰れるだけで終わりなら
こんなハッピーなことはないと思います。

僕は、巨人戦中継衰退の本当の恐ろしさは
放映権料収入減額によって数球団が潰れるかも
というところではないと考えています。


では、一体何が恐ろしいのか?
順序立てて考えてみましょう。

TV局がゴールデン帯から巨人戦を追放し始める

巨人戦中継をするからこそ多く扱っていた野球報道が激減
TVニュースのスポーツコーナーでのプロ野球を扱う時間激減
新聞のスポーツ欄でのプロ野球に割くページが激減

世間の野球への認知度が低くなる

野球ファンや野球人口が減る

「プロ野球っていつやってるの?」
「お父さん、野球って何?」

野球という競技自体が衰退

鍵は「巨人戦中継をするからこそ多く扱っていた野球報道が激減」というところです。

巨人戦はTV局にとっておいしいコンテンツでした。
凝った企画を練らずとも、高視聴率を稼げたからです。
だからこそ、TV局はスポーツニュースなどでプロ野球を重点的に取り上げ
さらに巨人戦の視聴率を集めようしました。
この作戦は成功し、
TVだけでなく新聞やラジオなどマスコミはプロ野球を「煽り」、
ニュースや記事の中にプロ野球の内容を多くすることで
より大衆の支持を集めボロ儲けしてきました。

プロ野球への「煽り」は今でも行われていて、
例えば
・オフシーズンには他のスポーツを取り上げればいいのに、
 銭闘を取り上げる
・脈絡もなくプロ野球選手の美談を取り上げる
・今年で言えば、阪神優勝のニュースを
 緊急ニュースでもないのにテロップで流したり、
 ニュース番組のトップニュースとして取り上げる
 (本来、スポーツコーナーの中の冒頭のみで取り上げられるべき)

このようにして、プロ野球は自身が広報に努めなくても
マスコミが勝手にプロ野球を宣伝してくれていたのです。



では、TV局がゴールデン帯の巨人戦中継から撤退したらどうなるでしょうか?

中継をしないのだから、もう「煽る」必要はありませんよね。
マスコミのプロ野球報道がぐっと減ることが予想されます。
一球団の優勝がテロップで流れるようなことは、なくなるでしょう。
こうして、プロ野球の宣伝量が激減し、一般層へのアピールがかなり難しくなります。
そして、これこそが巨人戦中継衰退の真の恐怖なのです。


上記内容について反論もあると思いますが、今日はここまで。
続きは多分明日。
なんか、今日は受け売りの部分ばっかになってしまった…。
posted by 21 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

2005年11月の検索ワード

「自分以外の他の人たちが何に関心を持っているのか?」
ということは、誰しも興味があることだと思います。
そして、検索ワードは何に関心を持っているかの表れだと言えるでしょう。

Seesaaブログのアクセス解析では、
どんな検索ワードで自分のブログにたどり着いたのかを
知ることができます。
そこで、2005年11月に検索によりこのブログに行き着いた中で
どのような検索ワードがあったかを紹介します。

(ちなみにSeesaaのアクセス解析では、
 トラックバック、コメント書き込みも含めて
 アクセス者のホストはわかりません。
 なので、接続元を知られたくない方もご安心を。
 ただし、トラックバック、コメント書き込みで
 IPは残ります。)


 2005年11月 検索ワード
期間   :2005年11月7日〜11月30日
検索数合計:93件

 1位 WBC関連 44件
 内訳
WBC 中日(類似含む)…15件
WBC        … 8件
WBC 出場選手 … 5件
WBC 固辞 … 4件
WBC 放映権 … 3件
WBC 清武代表 … 2件
WBC 読売新聞 … 2件
その他 … 5件

実に47.3%をWBC関連が占めました。
一時は検索でこのブログにアクセスする人は
WBC関連の人ばかりでした。
このブログも記事数が増えて、他の検索ワードも増えてきましたが
12月に入った今でも、WBC関連でこのブログを訪れる人は毎日います。
WBCへの関心の高さがわかります。


 2位 第18回BBサンタクロースチャリティゴルフ 7件
僕はプロ野球選手出場のゴルフに関しては一言も書いてないのですが、
11月24日のコメント欄に検索エンジンが反応したようです。


 3位 アジアシリーズ 視聴率 6件
11月14日にアジアシリーズの視聴率をまとめて書いたので、
検索した方々には満足して頂けたのではないのでしょうか。
ちなみに、野球中継の視聴率を知りたい方は
プロ野球の視聴率を語るblogを登録すると便利です。

その他の主なものを下記にまとめます。

巨人戦放映権関連…5件
村上ファンド関連…5件 「既得権益の亡者」という検索ワードもありました。
ナベツネ    …3件
日テレ関連   …3件
広瀬一郎    …3件
アンチプロ野球 …2件
テレビ朝日   …2件


[面白検索ワード]
 放映権料 巨人戦 予想 来年(巨人戦放映権関連) 1件
僕も知りたいです。

 放映権表 プロ野球(巨人戦放映権関連) 1件
こんな便利な物がネット上に落ちてたら、世の中苦労しませんw

 野球 人気低下 してない 1件
人気低下を信じたくない野球ファンが検索したんだろうか?
だとしたら、このブログを見て傷ついたかも。
でも、現実は認めなきゃしょうがないことです。
と言っても、まだまだ人気は高いと思いますけどね。
(もっとも、本当に問題なのは
 野球界全体の人気低下より巨人の人気低下)

 MLB 上場 1件
???

 セックスの仕方 1件 
11月9日にビートたけしについてふれたときに書いたワードですね。
 
 上原多香子   1件 
何で引っかかったのかわからない検索ワード。
上原多香子のことは一度も書いたことないんですがw


上原多香子とセックスの仕方で検索した人は
何でこのブログを開く気になったんだろう?

それと、今気づいたけど、上記のように書いちゃったから
今日から「上原多香子 セックス」で検索すると
このブログが当たってしまうんだろうね…。
卑猥ですいません…。

(追記 12月5日23:08)
今日アクセス解析見たら、「上原多香子」で検索してる人が二人いました。
何も早速試さなくても…。
あと、「上原多香子 セックス」で検索しても上位には来ないみたいです。
posted by 21 at 14:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 先月の検索ワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

二重株保有問題、あとホリエモン

巨人渡辺会長「フジサンケイ恥を知れ!」
http://www.nikkansports.com/ns/baseball/p-bb-tp0-051202-0004.html (ニッカンスポーツ)
[記事本文]
巨人渡辺恒雄球団会長(79)が1日、都内でヤクルト、横浜の球団株を保有するフジサンケイグループに対して「恥を知れと言いたいね」と痛烈に批判した。前日11月30日、楽天、TBSの経営統合問題が、ひとまず和解。しかし同会長は「問題だね」と野球協約に抵触する問題点は改善されていないことを指摘。さらにTBSから連絡が入ったとした上で「(両者の協議が)3月までだから、まあ簡単に言えば見逃してくれ、ということだよ」と明かした。

 しかし「その前にサンケイの問題があるだろう。ちゃんと処理してもらわないといかんね」と矛先を転換。先日、両球団どちらかの株を手放すことを根来コミッショナーが要求したにもかかわらず、継続保有の姿勢を示したフジテレビをけん制した。さらに不満を募らせていたのか、「散々ホリエモン退治やってだね。フジサンケイグループのために一生懸命やったんだよ。マスコミの仲間として守るためだろう」と険しい表情のまま車に乗り込んだ。(記事終わり)


 二重株保有問題
楽天の方はTBSとの和解が進みそうなので
解決しそうですが、(実質的には楽天の撤退?)
フジとニッポン放送の横浜とヤクルトは、相変わらず。
一時期のUSENがフジの横浜株を買うとかいう噂はいずこへ?
でも、金がかかるうえに斜陽にあるプロ野球にかかわりたい企業は
そう簡単には出てこないでしょう。

ということで、フジも簡単には球団株は売れないだろうし、
今まで二重保有でも問題なくやってきたし
別に解決しないだろうと考えています。
( 追記 12月4日12:03
 上記の青字の部分について、訂正のつっこみあり。
 詳しくはコメント欄を。)

 ホリエモン
あと、ナベツネは最後に「ホリエモン退治はマスコミの仲間を守るため」
とか言ってますけど、それは一番の理由ではないでしょう。
マスコミはズブズブなので違う社同士でも
ある程度仲間感はあるとは思いますが、
ホリエモン退治に関しては、マスコミの保守なんかより
フジとナベツネの利害が一致したのが一番大きいはずです。


ナベツネにとってホリエモンは政敵です。
自民党の古い感じの人たちへの影響力を持つナベツネにとって
小泉政権関係者に近づくホリエモンは邪魔者です。
そういえば、ホリエモンが広島カープを買うために
自民党関係者に根回ししているという噂が10月か11月くらいにありましたが、
これに対してナベツネは
「その話が仮に本当でも、一度新規参入審査でNOと言いわたした人物に
 球団は持たさん。」
と言ってました。
(もちろん、本音は球界にホリエモンを関わらせたくないだけ。)
もし、放映権料収入減額で来年広島が潰れそうになったとき
ライブドアが広島救済に手を挙げたら、ナベツネはどうするんだろう?

ナベツネはいっそ広島を潰してしまおうとするでしょうが、
メディアが騒いで、世論も堀江支持に傾くだろうなあ。
球界問題観察日記としては、見てみたい状況です。
posted by 21 at 23:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

WBCに出る人出ない人

・WBC出場辞退者について選手会の結論

(asahi.com) http://www.asahi.com/sports/bb/OSK200512010068.html
>また、来年3月に開催される国別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)への参加について、「選手会としては日本を代表して戦う方向。ただ個々の意思は最終的に尊重してもらうという約束はもらっている」と話した。

(スポニチ) http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20051201034.html
 >さらに来年3月に初開催される国別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック」への参加に関しては、積極的に協力することを再確認した。

結局、選手に対する出場強制は無し。
「できるだけWBCに出ましょう」という、学級目標並みな理想論のみでした。
こりゃ、巨人がほんとにオープン戦を組まないというのを
実行しなきゃ駄目なのでは?


・イチローがWBC出場

WBC日本代表、王監督「イチローの参加は大丈夫」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20051202i413.htm (読売新聞)
[記事本文]
来年3月に初めて開かれれる野球の国別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)日本代表の王貞治監督(ソフトバンク)は2日、都内で、米大リーグ、マリナーズのイチローの参加について「非公式だが『出てもよい』という形で聞いている。大丈夫と思う」と明らかにした。

 王監督はこの日、帰国中の松井秀(ヤンキース)と雑誌の企画で対談。その中で、「日本の4番として必要な戦力。ぜひとも一緒にやって欲しい」と日本代表への参加を要請。松井秀は即答は避けたが、会談後、「王監督の気持ちは前から伝わっているし、必要と言ってもらえるのはとても光栄なこと。これからじっくり考えたい」と話した。(記事終わり)

イチローは出場。松井秀も出る可能性は一応あり?
これは、WBCの成功のためという意味では大きいですが、
プロ野球のためになるかは難しいところです。
MLBの日本人選手がプロ野球の選手より活躍しすぎると、
プロ野球軽視につながりかねないからです。

今後の野球界のためにWBCを育てようとすると、
プロ野球の縮小につながるという矛盾をはらんでいるわけです。
ただ、プロ野球の選手もMLBの日本人選手並みに活躍できれば、
「日本のプロ野球も結構やるじゃん!」となる可能性もあります。
今後のプロ野球の評価は、WBCでの日本にいる選手たちの活躍にかかっている?
posted by 21 at 23:13| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

WBCについて巨人球団代表がコメントしてた

遅くなってしまいましたが、


WBC派遣消極的球団にペナルティーも
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051129-00000002-spn-spo (Yahoo!ニュース)
[記事本文]
巨人・清武球団代表は28日、WBCへの選手派遣に消極的な球団について「阪神、中日は1人でしょ、出すと言っているのは。最強チームをつくることを全会一致で実行委員会で決めた。従わないでペナントレースを戦おうなんてのは姑息(こそく)だ」と痛烈に批判した。

 巨人の候補選手が8人と認めた上で各球団に最低4人以上候補者がいると明言。その中で中日、阪神の2球団から辞退者が続出していることを非難。中日は谷繁の代表入りは確実だが「王(監督)さんも怒りを抑えて編成している。プロ野球界の将来をどう思っているのか」とまくし立てた。

 さらに「そういう球団とはオープン戦をしないといっているところ(球団)もある」と12月1日に開催される実行委員会で何らかのペナルティーを科す考えまで示した。(記事終わり)


中日幹部がG清武代表「姑息」発言に激怒!WBC参加問題
http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200511/bt2005113005.html (サンスポ)
 [記事本文]
新遺恨のボッ発だ。中日の球団幹部が29日、巨人・清武英利球団代表(55)の発言に激怒。前日、WBCのメンバー選考について「(中日は)姑息だ」と発言したことに対し、「そっちが姑息」と猛反論した。
 (中略)
中日側の言い分はこうだ。WBCの出場は選手側に任されていて、球団側に強制力はない。現状では中日は谷繁1人が出場する意向だが、中日球団に文句をいうのはおカド違いというワケ。さらに気に入らないのがバックの存在だ。今回の大会は親会社の読売新聞社がサポート。インサイダー情報を入手しているのはおかしい、となる。

「谷繁には契約更改のときの雑談で『出場した方がためになるよ』と勧めたくらい」と同編成担当。責めるなら選手、というのが中日の言い分。12月1日には実行委員会で代表同士が顔を合わせるが、“場外戦”から目が離せなくなってきた。(記事終わり)


前に僕は「中日がWBCを軽んじている」と言いましたが、
ヤ、横もWBC出場拒否
上記記事によれば、
中日球団は選手にWBCに出るか出ないかを
自分で決めさせているみたいです。

(もし、中日球団の上記発言に嘘があるなら、
 選手側から反論があるはず。)
むしろ、読売新聞社の機嫌を損ねないよう
選手には出て欲しいというのが本音のようです。

一方、主催の読売新聞社が親会社である巨人は、
ナベツネではなく、清武代表がコメントを出しました。
(僕はナベツネが、何か脅迫的なことを言うと思ってた。
 →ナベツネに注目だッ!m9( ゚д゚)ビシッ
 清武代表に汚れ役を押し付けたのかなと言ってみる。)
清武代表は、
「出場しない選手の多い球団とは、オープン戦組まないぞ!」と脅してきました。
つくづく、プロ野球界は読売を中心に回っているなあと感じます。
まあ、読売が独裁的になれるうちが、プロ野球界の華でしょう。
読売がわがままを通せなくなったときが、
プロ野球界に恐怖の大王が降臨するときです。

さて、今日は選手総会がありました。
WBCについても話あいがあったと思うのですが、
今のところ情報が無いです。
明日を楽しみに待つことにしましょう。

 追記(12月2日 0:05)
と思ったら、選手総会の結果が出とるやん!
http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20051201034.html (スポニチ)
具体的なことは、何にも決まらなかったっぽいですね…。
posted by 21 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

野球ファンの反応鈍くないスか?

家に帰って、アクセス解析見たらちょっと驚きました。
ブログ訪問者がいつもの2倍くらいいる!
やっぱり、巨人戦削減の反応って大きいよなあと。

その一方でSeesaaの野球系ブログの最新記事一覧を見たら、
巨人戦削減について書いていたのは、僕以外で一人だけ。
また、巨人戦削減について書いてるブログを検索しても
書いていることは微妙に呑気。

「巨人戦が見れなくなる。仕方ないけど、痛い。」(巨人ファンの人)
巨人だけの問題じゃないんですが。
「巨人の一極集中が終わった、いいことだ。」
考え方によってはいいことだけど、
考え方によってはかなりまずいことだよ。
「これからはスカパーなどで、お金を払って見る時代。」
自分の好きなものにお金を払うという概念があるのは良いことだけど、
それだとプロ野球はかなり小規模になると思うよ。

一部の野球ファンの名誉のために言っておくと、
巨人戦依存の収益体制の深刻さがちゃんとわかってるファンもいます。
でも、これは見たところ少数。
巨人戦削減に触れている多くの人は
「これからプロ野球の縮小が進むのは(何となく)わかってる。俺はそれでいい。」
という感じかな。
うまく縮小できればいいけどね…。

それ以前に野球ファンが、こんだけ巨人戦削減にふれないってのがどうなの?
あくまでプロ野球そのものに興味があるわけで、
裏舞台に興味があるわけじゃないってのはわかるけど。
本来、蜂の巣つついた騒ぎになってもおかしくないと思うんですけどね。

最近、僕はプロ野球に関しては「巨人戦が重要」ということが当たり前になっている
サイトや本ばかり読んでいたので、ファンの反応の薄さはちょっと新鮮でした。


巨人戦 地上波から消える日も
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2005/11/30/05.html (スポニチ)
 [記事本文]
来季の巨人主催試合のテレビ中継を、テレビ東京が初めて担当する方向で調整されていることが29日、分かった。視聴率低迷の影響などで日本テレビの“牙城”が崩れた形だが、一方でテレビ東京の全国の世帯カバー率が約7割という懸念もある。また、CS放送だけの中継を検討している民放局もあり、原巨人の試合が数試合程度地上波から消える可能性も出てきた。

 記録的な視聴率の低迷。今季の平均視聴率が史上最低の10・2%に終わった巨人戦だが、その影響は来季にも大きく波及しそうな気配だ。東京ドームでの巨人主催試合の、新たな中継局として名前が浮上しているのがテレビ東京。02年から中継しているNHK、今年5月21日の交流戦・日本ハム戦をオンエアしたテレビ朝日に続く“新規参入”となる。

 テレビ東京では24日の定例会見で菅谷定彦社長が「東京ドームの巨人戦も話があれば(放映権を)取りにいく。ジャイアンツには依然として価値がある」と明言。複数の民放関係者によると、すでに数試合の中継へ向け各方面と調整に入っており、来年1月にも正式決定するという。

 今年10月には、テレビ東京は他局が放送を見合わせる中でパ・リーグのプレーオフを中継。ソフトバンク―ロッテの第5戦では平均17・0%、瞬間最高28・5%(いずれもビデオリサーチ調べ=関東地区)の高視聴率を稼いだ。来季の巨人主催試合の中継が実現すれば局側にとっては“追い風”となる。(←?)だが、その一方で同局の全国世帯カバー率は67・3%。東北や北陸、山陰など一部の地域で巨人戦中継が見られない“弊害”もある。(以下、省略)


テレビ東京が巨人戦を放送するというところに注目して下さい。

(1)広島の台所事情を直撃
「巨人中継異状あり」のコメント欄で視スレ天文学者さんが書かれていますが、
広島にはテレビ東京系の局がないので広島主催の試合を直接放送できません。
その分の広島の放映権料収入が減る可能性があります。
広島はマジで来年潰れるんじゃないかと思います。

(2)放映権料減額?
テレビ東京は今年、低視聴率確実の巨人戦を放送しました。
サッカーW杯予選(日本×北朝鮮、日本W杯出場がかかっていた)が
裏番組のロッテ×巨人です。
テレビ東京は推定1億円でこの試合の放送を押し付けられ、
予想通り低視聴率を記録しました。
このことに関してテレビ東京の社長は
「もう二度と巨人戦は買わない。」
と怒りのコメントを残しています。

ところが、一転今度は巨人戦を買うことになりました。
これって、もしかして巨人戦の放映権料が下がったからなのでは?
テレビ東京は他局より安い値段で、ゴールデン帯の番組を作っています。
そのテレビ東京が買う気になるくらい、安売りしたのかなあと思ってしまいます。
もっとも、今年テレビ東京が放送したプレーオフは
好視聴率(あえて高視聴率とはいわない)だったので、
プレーオフを餌に買わせた可能性もありますけど。
posted by 21 at 23:36| Comment(2) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。