2005年12月25日

読売新聞「プロ野球改革を語る」 その3

記事のまとめ:読売新聞「プロ野球改革を語る」 その2

個人的な感想を。

孫とナベツネは以前と同じ。
星野が球界問題について語るのを見るのは、初めてでした。
TVで「ベッカムのフリーキックなど赤星でも蹴れる。」等、
珍発言を繰り返してきたと聞いていたので、ある意味期待していたのですが
特に暴走してなくて、半分がっかりしました。
プロ野球大好きおじさんが、正直な実感を語ったというところでしょうか。
WBC辞退について暗に阪神を批判するなど、(・WBCはエゴを捨て選手派遣を)
三人の中で一番利害関係の薄い人なので、色々突っ込んだことを言って欲しかったのですが
暴走発言を繰り返してきた星野にそれを求めるのは酷なことかしら。

 リーグの仕組み 
孫とナベツネは、さらに自由競争を推し進めたいようです。
でも、これは貧乏球団に氏ねと言ってるようなもんじゃ。
「年俸制限をやると国際競争力を失う。
 メジャーへの選手流出が止まらなくなる。」
と言ってますが、これもどうかなと。
今季ソフトバンクは渾身の年俸提示で城島を引き止めようとしましたが、
マリナーズはソフトバンクの提示以上の年俸を出してきました。
ソフトバンクのような金持ち球団さえ、
メジャーの一部球団に金銭面で勝つことができない。
他の日本の球団ならなおさらです。
しかも、プロ野球は金銭面だけでなく、
ブランドイメージでもメジャーに劣っています。
はっきり言って、もうメジャーとの競争力は負けでしょう。
大体、プロ野球は大手企業に密着しているのに対し
MLBは国・自治体に密着している時点で勝ち目が無い気がします。
パトロンのレベルが違います。
ここはもう競争力の負けを認めて
国内で頑張る方法を考える方が合理的だと、僕は考えます。

別に一流選手ばかりでなくても、盛り上げる方法はあるでしょう。
そうすると戦力均衡は大事になってくるんじゃないかと。
(ただ、今までほどの親会社の宣伝効果は望めないかも。)

孫とナベツネは、結局自分たちのアドバンテージを守るために
自由競争を唱えているだけだと思います。


 コミッショナーの権限
いくら「協約上は権限がある。」と言っても、
財布のひもを握ってないコミッショナーは、ただのおじさんです。

ナベツネの
「現行協約でコミッショナーには十分強い権限があると思う。
 そういう権限を行使したらいい。」
という発言は、根来コミッショナーを逆に牽制してるみたいで怖いです。

 ナベツネ
「巨人の人気低下というのは一時的な現象だ。」 
「欧州にももう少し野球を広めるという努力を、
 大リーグや日本、そして豪州が考えないといけない。」
今回も珍発言を提供してくださいました。
以前に「野球協約は民法や商法より強い。」と言ったり、
2004年の球界再編騒動で「たかが選手が」と本音が出てしまったり、
実は球界問題界のエンターテイナーです。
ただ、読売のトップに上りつめ政治の世界にも権勢を揮う人なので
基本スペックとしては頭のいい人なんでしょうが、
こうも普通とかけ離れた認識を持っていたり、
本音をボロしてしまったりするのを見ると
ナベツネの健康が心配になってしまいます。
そういえば、最近直腸のMRI検査も受けてました。

もう80歳近いのに、大手企業のトップをやっているのはすごいことです。
社長になるような人は、若いころの過労がたたり
早死にする傾向があるそうです。
聞いた話では、某有名材料メーカーの社長は代々早死にで
せいぜい72、3歳が限度だそうな。
ナベツネさんもそろそろゆっくり余生をすごしてみては?

 おまけ
調べてみたところ、オーストラリアにも一応プロ野球リーグはあるそうです。
しかし、プロリーグと言っても実質セミプロで
あくまでメジャーへ行くためのステップなようです。
やっぱり、オーストラリアはヨーロッパに野球広げる前に
自国で普及頑張るべきだよ…。
posted by 21 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

読売新聞「プロ野球改革を語る」 その2

前回:読売新聞「プロ野球改革を語る」 その1

インタビューアーの質問と三人(星野、孫、ナベツネ)の回答を以下にまとめます。

球界改革(人気振興面)
 星野
・「改革元年と言うにはまだまだ物足りない。」
試合のスピードアップが必要
・「野球少年は減っていない。
  ただ僕らの子供の時みたいに
  『絶対プロ野球選手になりたい』という子どもは少なくなった。

 
・メジャーリーグ流出について
 「アメリカに行かなくても、日本に軸足を置いたまま、
  世界の選手と戦える場を用意する必要がある。

 「持論だが、クラブチャンピオンシップという形で
  世界大会をすべきだ。」
・「プロスポーツは感動を売るビジネスだ。」
 「マンネリ化すれば感動が薄れる。
  今年は初めて交流戦をやり、アジアシリーズがあった。
  来年はWBCがある。
  感動を呼び起こす仕組みが大事だ。

 ナベツネ
・「目立った改革は交流試合。(中略)
  ただ、この制度が良かったか、悪かったかというのは
  もう1,2年観察してみないとわからない。」
・プレーオフについて
 「今年は1位と3位の差が20ゲーム以上あった。
  仮に3位が優勝したらファンは納得しない。

  それよりも交流試合数をもう少し増やし、
  交流試合の覇者、セの覇者、パの覇者の3者で
  ポストシーズンを争ったらいい。」
  (←でも、再来年からセもプレーオフ導入ですが…)

リーグの仕組み
社会主義的にして均衡させるべし(星野)
自由競争にすべき
 社会主義的だと球団経営の努力に意味がなくなる。(孫、ナベツネ)

株問題(阪神と楽天)
阪神球団は上場すべきでない
 球団上場禁止をもっと明確に野球協約に書くべき(三人一致)
楽天は二重保有するべきでない(三人一致)
・二重保有を禁止しないと、予算や選手が片方のチームに偏る
 危険性がある。(星野、孫)
・ある程度の二重保有は仕方ないが、限度がある。(孫、ナベツネ)

国際化
 星野
・「アジアシリーズはレベルが違って盛り上がらなかった。」
 アジアリーグを作るべき。
WBCはエゴを捨て選手派遣を 
 (←阪し…ゴホッ、ゴホッ、何でもないです。)

 ナベツネ
・「欧州にももう少し野球を広めるという努力を、
  大リーグや日本、そして豪州が考えないといけない。」
 (←豪州は野球が普及してるといえるんですかね?)
・「アジア・大洋州連合みたいなものを作ってはどうだろう。


巨人人気低下
 星野
・「東京では地域に密着しづらい。」
・「(巨人は)強くあってほしい。」
・「視聴率の低迷は放送の仕方にも原因がある。
  巨人戦は東京ローカル放送、応援放送をしている。(中略)
  非常に危機苦しいし、見苦しい。」

 ナベツネ
・巨人戦の視聴率低下について
 「プロ野球側が少し怠慢だった。
  ファンサービスとか選手強化とか力を入れるべきだ。」
 「巨人人気はかつて過半数を占めていたが今は若干落ちた。」
  理由に戦力上の欠陥を挙げる。
 「巨人の人気低下というのは一時的な現象だ。」 
 (←本気で言ってるのかな…?)
・「それに阪神とかソフトバンクの人気が出てくれば、巨人のためになる。
  全体のためにもなる。そういう時代に入っていかないと。」
 (←これも本気なのかな…?)


コミッショナーの権限
 星野
・権限がないか、莫大かは解釈の問題としたうえで
 「僕は権限があると思う。
  それを発動する勇気があるかどうか、ないか。」
 ナベツネ
・「現行協約でコミッショナーには十分強い権限があると思う
  そういう権限を行使したらいい。」

放送と通信の融合
 
・「(ネットは)あくまで補完メディアだ」
・「我々は特定の1社のテレビ局と深くなり過ぎるよりは、
  いろいろなテレビ局と全方位に、
  様々な業務提携をしていきたい。」


 各回に掲載された図
上 プロ野球の歴史年表
中 プロ野球球団を巡る資本関係
下 見るのが好きなスポーツ(春の読売新聞世論調査から)
  プロ野球、マラソン、サッカー、大相撲
  高校野球、巨人の支持率を92年から掲載

上記のうちかぎかっこ内は、
読売新聞朝刊連載「プロ野球改革を語る」より引用転載

読売新聞「プロ野球改革を語る」その3はまた後日
posted by 21 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

12月22日の日記

家への帰りに電車に乗ったら
ギャル男系の高校生3人が、野球の話をしていました。
「巨人-阪神を見に行って、巨人の高橋と阪神の檜山のホームランボール取った」
とか、そんな話でした。
若年層が離れたと言われて久しいので、思わず聞き耳を立ててしまいました。
(君らのような子たちが「テレビの前で」巨人-阪神を見てくれれば、
 球界の人たちも助かるんだよ。と声をかけたくなりました。)
球界問題に興味を持つようになってから、野球に関して過敏になりました。
野球帽をかぶっている子どもがいたら、目敏く見つけてしまいます。
今シーズン中は、巨人帽を被ってる子1人、阪神帽を被っている子2人見ました。
(因みに、当方埼玉在住です。)

「巨人軍タブー事件史」(宝島社)という本の中に、
「調査の結果でははっきりと何年生まれの人までは野球みるけど、
 何年生まれの人は見ない、という変化が出てきました。」

という記述があります。
僕は、見る見ないの線引きは「昭和生まれか平成生まれか」じゃないかと勝手に思っています。
今の高校生は、ちょうど昭和と平成生まれが混ざった年代です。
だから、ぎりぎりプロ野球のことを話せたのではないかと。
今の中学生以下だと、どうなるんだろう?
球界問題を熱く語ったら、ドン引きされるんでしょうか。


読売新聞「プロ野球改革を語る」 その2 は明日書きます。

あと、12月19日「悲しきかな、地域密着」のコメント欄に関して僕から質問があるので、
「上のななし様へさん」回答下さい。(他の人でも歓迎です。)
posted by 21 at 23:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

読売新聞「プロ野球改革を語る」 その1

今月の6日から8日まで、読売新聞朝刊にて
「プロ野球改革を語る」という計三回の連載がありました。
球界問題について三人の球界人にインタビューしたのをまとめたもので、
各回約3/4ページの結構気合の入った連載です。
インタビューされたのは
第一回 阪神の星野SD
第二回 ソフトバンクの孫正義オーナー
第三回 巨人の渡邊恒雄会長
それで、内容云々以前に読む前に思いました。

何、この素敵な人選!

ナベツネは理解できるとしても、
星野は球界問題のことよくわかってないし
孫は読売と似たようなこと言うだろうし…
明らかに読売に都合のいい人選んでるじゃん!
球界問題について話聞くなら、
えもやんでも豊田泰光でも広瀬一郎でも(球界人じゃないけど)
読売と違うこと言いそうな人間も呼ぶべきです。
せめて、オリックスの宮内オーナーとかさ…。
(ただ、結局星野が天然で後二人の反対意見も出しちゃってますけど。)
まあ、野球に関しては読売新聞に期待したらだめですよね。
てなことを思いつつ、中身を読みました。
  読売新聞「プロ野球改革を語る」 その2へ後日続く

PS
プロ野球の視聴率を語るblogに当ブログがリンクされました。
その効果はすごいもので、今日のアクセス数は普段の10倍弱です。
アクセス解析を見て、PCの前で「うおっ」と小声出してしまいました。
さすが、アメブロ野球カテゴリーで1位とるだけのことはあります。
視スラーの方って、やはり何百人もいるんだというのを実感しました。
自分が視聴率スレで駄レスをすると、何百人の人にも見られるのか…。
posted by 21 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

悲しきかな、地域密着

二つほどニュースを。
まずはちょっと前の15日の記事です。

ヤクルト 来季から球団名に「東京」
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2005/12/15/01.html (スポニチ)
 [記事本文]
ヤクルトが来季から球団名に地域名「東京」を入れることを決めたことが14日、分かった。19日に開かれる実行委員会で球団名の変更を正式に申請する。「東京」の名が入るのは前身の国鉄時代も含め球団史上初。地域密着型を目指す球団改革の一環で、ファンサービス企画「F―PROJECT」を推進する古田敦也監督(40)も実行委での承認を期待した。
(中略)
球団名に「東京」を入れるのは、就任時からの念願だっただけに無理はない。自ら推進する「F―PROJECT」は地域密着型チームが最大のテーマ。球団内には企業名もなくし「東京スワローズ」への変更を推す声もある。(←有り得ません。企業名を入れないと球団の赤字補填に税金がかかってしまう。)いずれにしろ、球団名に地域名を入れるのはこれ以上ない改革。来季から一新を検討しているユニホームにも「TOKYO」が入ることになる。
(中略)
実行委での承認は、4分の3(9球団)の賛成が必要。また、巨人も同じ東京を本拠地としていることから、同じ地域の2球団が同一地域名を名乗ることになった場合の是非が議論されることも予想される。これについても古田監督は「巨人には(今も“東京”が)ついてましたっけ?でも、2チームが(同一の地域名を)つけてもいいと思いますよ」。昨年、球界再編問題に立ち向かった前労組選手会長は、地域密着こそがこれからの球界に最も必要であることを知っている。(←ある意味ではそうだし、ある意味では違う)

 球団名に「東京」がつくのは、68年の東京オリオンズ(現ロッテ)以来38年ぶりだ。来季のヤクルトは「東京」を前面に押し出してシーズンに臨むことになる。(記事終わり)


もう一発。これは今日のニュース。

「所沢ライオンズ」誕生へ
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/baseball/dec/o20051218_20.htm (報知)
 [記事本文]
「所沢ライオンズ」誕生へ―。(←注:まだ決定ではない)西武の本拠地、埼玉・所沢市議会が、19日に開かれる議会で、球団名に「所沢」を冠するよう求める請願を、全会一致で採択する見込みであることが18日、分かった。
(中略)
これには西武側も前向きだ。西武グループの中核である西武鉄道・後藤高志社長(56)が
11月18日、日テレの番組で「例えば埼玉ライオンズとか所沢ライオンズなどの名前で、地元にチームをアピールしていきたい考えはある」と発言。今回の請願書は、この発言を受けて提出されたもので、星野球団社長も「いろいろ再編を進めている中で、そういう話も出ていたことはある。話が(鉄道から)下りてくれば考えることになるでしょう」と検討を示唆。(以下省略)


一応注意したいのは、西武の方はまだ決まってないということです。
西武は本当に所沢とか埼玉とかつけるかは少し怪しい点があります。
今まで西武に地元志向がなかったのは、各地にリゾートやスキー場を持っているため
「西武=東京郊外」というイメージがつくのを嫌ったからです。
とはいえ、球団社長が前向きな発言をしているのなら実現すると思います。

かつて、ヤクルトも西武も巨人のような全国展開を目指していました。
産経系メディアはヤクルトをプッシュし、西武は強さで人気を得ようとしましたが、
これらのもくろみは失敗に終わりました。
(これを考えると圧倒的な全国人気を誇った巨人はやはりすごいと思います。
 もちろん巨人が全国的人気を得るために、読売はかなり有利な条件を持っていましたが
 それでも、読売以外の新聞社等がことごとく全国展開に失敗したのを考えると、
 全国展開を成功させ球界の主導権を握るに至った
 読売の中枢は侮れないなあと感じます
。)
一方、近年この二球団と巨人以外の球団は地域への方向性を強める流れになってきました。
それでも、ヤクルトと西武は頑なに地元志向に向かいませんでしたが
ようやく折れる日が来ました。

多分、「地域密着」という言葉が最近流行っているのと
ロッテが「地域密着」効果で何かいい感じに見えたのが理由なんでしょう。
でも、「地域密着が成功してるような」ロッテでさえ明日は不透明なのです。
地域密着で球団の利益がちょびっとでも上がるのなら、やらないよりはマシですが
たとえどんなに地域密着しようが、各球団の将来は巨人戦中継の今後に左右されてしまいます。
結局、巨人以外の球団は巨人戦中継の安泰をひたすら祈る他なく
せめて自分でできるのは地域密着策くらいなのです。
なので、地域密着策は喜ばしいことというより
各球団の無力さの表れだと僕は感じてしまいます。


あと、球団のえらい人はちゃんと地域密着の意味がわかってるのかな?
球団名に地域名を入れることが地域密着なんじゃないよ。
地元に還元するから、地域密着なんだよ。
posted by 21 at 23:31| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

TBSも巨人戦削減

みの年明け手術、「朝ズバッ!」代役なし
http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-051217-0002.html (ニッカン)
 [記事本文]
(最後の一文のみ)
来季の巨人戦放送数を減らす意向も表明した。


ぜひソース元を見て頂きたいのですが、
最後の一文にさらっと書かれています。
あっさりし過ぎです。

やはり、TBSも減らしてきました。
あと正式表明していないのはフジです。
今年の視聴率三冠王の浮かれムードの会見上で
ポロッと巨人戦中継について、
ついでのように何か言うかもしれません。
あな恐ろしや。
posted by 21 at 14:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

仰木元監督逝去がトップニュース!?

今朝寝ぼけ眼でめざましテレビを見たら、
7:02の時点で、仰木元オリックス監督が画面に出ていたので
「何だろう?」と思ったら、お亡くなりになっていました。
ついこの間まで現役の監督だったのでびっくりしましたが、
もう一つびっくりしたことがあります。

7:02の時点でのニュースということは、これが今朝のトップニュース?

名選手と関わった人気スポーツの元監督の逝去が
もうちょっと後の一般ニュースで取り上げられたり、
スポーツニュースのトップで取り上げられたりするのは
すごく妥当だと思います。
しかし、野球ファンでなくてもショッキングなニュースとはいえ、
一スポーツ界の元監督の逝去が一般ニュースのトップとはいかがなもんでしょうか。
今日のトップは、偽装建築関連か東証の基金設立であるべきだと思うのですが。
(あと、みずほ誤発注関連と松下の暖房器具の報道少なすぎ)

ワイドショーならともかく、一応報道番組を名乗る番組が
一球界人の死を社会問題より騒ぐのは
ただの「プロ野球の宣伝(防衛活動)」でしょう。
めざましテレビは数ある報道番組(?)でも、
普段プロ野球に対してかなり冷淡なので、余計驚きました。
posted by 21 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

お気に入りリンク追加

以下のサイトをリンクに追加しました。

・プロ野球斜め読みな視点(WBCなど)
・New Opinion
・スポーツマーケティング基礎調査


各リンクについての説明は次のブログ記事をご覧下さい。
お気に入りリンク・解説
posted by 21 at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

制裁発動キターー!のか?

来年のオープン戦の日程が発表されました。
 NPB公式・2006年度オープン戦日程

以前、巨人の清武代表は
「WBCの辞退選手が多い球団とはオープン戦を組まない。」
と脅しを入れてました。
WBCについて巨人球団代表がコメントしてた
上記のオープン戦日程を見ると、
WBC辞退者多数の中日は巨人とのオープン戦無し!
制裁キターーーー!
と思ったら、
同じく辞退者多数の阪神は巨人とオープン戦やるみたい。
どういうこっちゃ?

で、日程をよく見ると中日以外にも巨人と対戦しない球団があって
それはロッテ。
何でだろう?
中日やロッテが巨人とやらないのは、単に日程か何かの問題なのでしょうか?
僕はプロ野球の興行の中身の知識はあんまり無いので、よくわかりません。

WBC辞退はオープン戦の日程には関係ないのかな?
よく考えたら、清武代表は
「WBC出ないなら、オープン戦組まないと実行委員会で決議するかもよ。」と
言ってただけで、実際に決議したわけではないですしね。

とにかく、裏事情が僕には推測できません。
何かご存知の方は是非ご一報下さい。
posted by 21 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

巨人戦中継衰退の真の恐怖 その4

前回:巨人戦中継衰退の真の恐怖 その3
 前回までの内容
巨人戦中継がゴールデンから撤退すると
マスコミ露出が減り、下げ幅はわからないが
とにかくプロ野球の認知度が下がる。
(↑今回はお話風でない、普通の前回までの内容の紹介です。)


巨人戦中継ゴールデン帯撤退で
プロ野球の認知度が下がるのは確実なのに、
このことをファンどころか
真面目な球界問題評論家でさえ
見落としています。


例えば、
「ある球団は球団単体では赤字だが
MLBのように自治体が親会社に球場運営も任せれば、
球団と球場で合わせて黒字になる。
これなら、巨人戦中継の放映権料がなくても大丈夫。」と
主張する評論家がいます。
でも、これにはあくまで今くらいの野球人気が続くという前提が
必要なのです。

人気の無い競技には、どんなビジネスモデルを持ってこようが
徒労に終わります。
巨人戦中心の「収入体制」の弊害を説く評論家はいても、
巨人戦による「露出の多さ」による弊害を説く
評論家がいないのは問題です。


 最後に
どんなプロスポーツでも運営においては、
TV中継への依存は重要なものです。
たとえ深夜の録画中継でも、
そのスポーツの関係者やファンにとっては
ありがたいことです。
しかし、プロ野球はマスコミに過剰に依存し過ぎています。

よく「プロ野球は巨人依存だから問題だ。」と言いますが、
「巨人依存」という言葉は、問題の本質をぼかしていると思います。
「巨人依存」だから問題というより、
「マスコミへの過剰依存」が問題と言うべきなのです。
そして、マスコミが昨今のプロ野球問題を口にするときでも
マスコミ自身が「マスコミ依存が問題」などと言うはずがありません。

よって、この問題はマスコミの言説を鵜呑みにするのでなく、
自分自身で検討しない限り認識されません。
そして、このような問題がファンの間で認識されないのは
プロ野球ファンのメディアリテラシーが相当低いということを
示していると思います。
posted by 21 at 18:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。