2005年11月18日

ヤ、横もWBC出場拒否?

話半分に読んで下さい。

昨日、中日の選手がWBC(ワールドベースボールクラシック)に
出なさそうという記事を書きました。
 →中日WBC出場拒否
選手がWBCに出ないことを認める中日新聞社は
WBCを軽んじているということになります。

ところで、WBCの放映権は確か日テレが持っています。
つまり、WBCは読売新聞社系の宣伝でもあるわけです。
これはあくまで仮定の話ですが、
中日新聞社はWBCを単なる読売新聞社の広告イベントと考えている
気がします。
他社のイベントに大事な中日の選手を出すことはないと。

この仮定が成り立つならば、
フジの持つヤクルトや、TBSと日本放送の横浜も
同じように「他新聞社のイベントに自分とこの選手を出すことない」
と考えるという仮定も成り立ちます。
そうすると、選手集めがさらに難航することになる。

プロ野球界にとっては、WBCは育てていくべきイベントであっても
親会社は別に野球界の将来には興味が無いので、
無駄だと思われるのも仕方ないことでしょう。
そして、ここが親会社の利益のために振り回されてきた
プロ野球の悲しいところです。


まあ、仮定のうえに仮定の話を重ねるのは非科学的なことで、
あまりやってはいけないこです。
ので、本当に上記のようになるかはわかりません。
あくまで、個人的な直感です。
posted by 21 at 21:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
視聴率のblogから来ました。
国際化に関する話題が多いようですので
僭越ながら参考資料を投稿させて頂きます。

<ドーハアジア大会派遣問題前提編>
当初はドーハアジア大会から野球削減予定
http://chuspo.chunichi.co.jp/asia/general/CN2002100301000225.1.N.20021003T163203.html
その後
http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/sports/20050419/20050418ie30-yol.html(期限切れ)
アジア大会成功に自信、来年ドーハで…事務総長語る
ドーハ大会では、当初実施競技に含まれていなかった野球、ソフトボールが行われることが
昨年7月のOCA総会で正式決定した。同国には野球場がなく、臨時球場が建設されるが、
「今年の年末か来年初めには完成する。両競技団体から協力も得られる」(中略)
野球やソフトボールは実力ナンバーワンのチームが来ると聞いている。(後略)
Posted by 視スレ天文学者 at 2005年11月19日 20:24
<ドーハアジア大会派遣問題問題点編>
その1 野球協約87条(参稼期間と参稼報酬)
http://jpbpa.net/convention/12.pdf (エライ重いファイルです。)
『球団は選手にたいし、稼動期間中の参加報酬を支払う。統一契約書に表示される
参稼報酬の対象となる期間は毎年2月1日から11月30日までの10か月間とする。』
 つまり、開催期12月は野球協約で2軍、新人までOFF保証期間、参加選手は温泉、ゴルフ、TV出演返上。
その2 06年はWBC、日米野球?、第2回アジアSで、確かに選手にとって過密日程である。
その3 主力選手はこの時期に契約更改の山場の人も多い。
その4 カタールからの石油輸入額は増加傾向で、野球日本代表のメインスポンサーは石油企業
    新日本石油=エネオス
その5 川渕三郎が副会長のJOCが選手会などの説得に当たればプロ野球界の猛反発が予想される。
その6 野球競技人口実質ゼロのカタールにアジア大会のためだけに野球場作ってしまった。
その8 アマ代表派遣のため「日本のアマ野球は世界トップレベル。」と主張しても。
    アマ野球日本代表は今年のIBAFワールドカップにおいて準々決勝で韓国に敗れている。
    また98年はアマ、02年はアマ+プロ2軍で挑んだ日本代表はアジア大会で韓国に惨敗している。
その9 韓国はアジア大会で金だと徴兵免除もありうるhttp://circlechange.com/mlbp/CHPark.php
    のでガチンコ、中国は北京五輪強化でガチンコ、台湾は中国には負けないメンバーは出すでしょう。
その10 06年ドラフトをドーハアジア大会終了後にしないと、その年のアマ最強チーム派遣すら不可能
     12月中旬以後にドラフトだと編成が目茶目茶になる。
その11 ドーハアジア大会には余裕がありそうに見えますが
     日本野球界は06年2月のIOCトリノ総会での五輪復帰再投票を目指しているこ
     http://www.sponichi.co.jp/sports/flash/KFullFlash20051116026.html
     IOCとMLBの野球五輪削除を巡る問題は、五輪にトッププロを出す出さないに行き着くことを考えると
     そんなに時間がないとも言える。
その12 横浜ベイスターズ山中専務は元野球日本代表監督
     プロ野球界が「ドーハアジア大会の事は知らなかった。」と主張するのは不可能
Posted by 視スレ天文学者 at 2005年11月19日 20:26
問題点編のその7が抜けています。
何なのか気になります。
Posted by 21 at 2005年11月20日 15:33
最初長文だからその7からで3分割にして投稿しようとした時消してしまいました。
スイマセン

その7
野球とソフトボールの開催に奔走した
のは衆議院議員、日本ソフトボール協会長山崎拓
山崎拓の地元福岡市は2016年五輪誘致活動中、IOCの不興を買うのは避けたいところ。
Posted by at 2005年11月20日 17:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。