2005年11月09日

今週号の週刊現代 その2

前回の続き 前回:今週号の週刊現代 その1

 「日テレの対策(その一つに長嶋茂雄を巨人戦に召喚)」
極秘裏に視聴率アップを狙ったウルトラC作戦が進行しているという。
日テレ幹部が教えてくれた。
「実はミスター(長嶋茂雄)に野球解説をしてもらうことが決まっているんです。
 最近はだいぶ話すことができるようになったため、
 最低でも月に一度、東京ドームの試合で解説をしてもらう。
 本人も非常に乗り気です。
 4月からはミスター登場で一気に挽回するつもりですよ。」
     (週刊現代2005年11月19日号より引用)

長嶋茂雄はほんとに乗り気なんだろうか?
今シーズン、長嶋茂雄が巨人戦の観戦に来たことがありましたが
手を挙げただけで一言も公的に発せず、息子の一茂が同席した状態であり
完全完治で東京ドームに来たわけではありませんでした。
このことで、日テレは視聴率のためなら病人さえ担ぎだすのかと非難されました。
また不完治の状態で担ぎだすのでは?と思ってしまいます。

いわんや、長嶋茂雄が健康体でかつ乗り気だったとしても、
爆発的な視聴率回復は望めないでしょう。
今シーズンの長嶋茂雄「天覧試合」の視聴率でさえ13.5%で、
これはせいぜい普段の4,5%を積み上げたに過ぎません。
長嶋解説初回は4,5%の数字を積み上げられるかもしれませんが、
長嶋解説が普通になったら1,2%くらいが関の山だと思います。
それにたまーに数%視聴率が上がったところで、シーズン全体の平均視聴率への影響は微力です。
日テレの野球中継の営業の人はスポンサーに「今年は長嶋が解説ですから、視聴率UP!」とか言ってんのかな?


あと、ここまで書いておいて今さらなんですけど、週刊現代の情報ソースとしての信頼度ってどれくらいなんだろう?
昔、ビートたけしが若いねーちゃんとやろうとしたら
「エッチの仕方、週刊現代に書いてあった通りなんだね。」
と言われて激萎えしたらしい。
セックスの仕方まで正しい報道ができるなら、ソースとして信頼度は高いのかな?と僕は勝手に思っております。
posted by 21 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9154606

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。