2006年01月26日

衰退への覚悟

1月29日にNHKBS1で「BSディベート どこへ向かうプロ野球改革」という番組が
放送されます。
BSを見られる環境に身を置いていないことが残念です。
せめて、HPだけでもと思ってのぞいてみました。
BSディベート どこへ向かうプロ野球改革公式HP
このHPの中には、出演者の主張が載っています。
球団も多忙なところ、見る側に批評される長文を用意していて
大変だなあと感じました。

主張を書いている球団は、阪神とロッテとソフトバンクです。

 阪神
阪神は巨人戦中継が衰退しても大丈夫だと思ってるようです。
巨人戦の放映権料が減ったときに
赤字が出るのを覚悟しているみたいですし、
全国ネットで企業名が連呼されなくなっても
関西ローカルの阪神電鉄にとってみれば
全国的知名度などいらないので問題ありません。
ただ、球団は今並の阪神人気が今後も続くと考えているのでしょうが、
年代別視聴率を見ると数年前の巨人と同様だそうで
数年後にも今くらいの阪神人気が保てるか疑問であるという指摘が
あるので、そこらへんはどうなのかなと思います。

 ロッテ
ロッテは経費を削減したいみたい。
実際、昨シーズン終了後、主力の外人選手たちを切りましたし、
とにかく赤字を小さくしたいようです。
最近思ったのですが、ロッテは球界縮小をむしろ望んでいるような気がします。
ロッテは既に企業名が知れ渡っているので、
テレビで企業名が叫ばれることに実は執心がなくて、
全国で目立つ金のかかるリーグより
地味で金のかからないリーグを望んでいるのではないかと
推測しています。

ソフトバンクは、「球界が縮小したらどうするか?」には触れてなくて
「どう拡大するか?」についてのみ主張しています。
小林至ソフトバンクホークス取締役については書きたいことがあるので、またそのうち。


僕としては、全球団関係者12人に出演して欲しいところです。
NHKは番組を企画するにあたって
多分、全球団に出演依頼を出したと思うのですが、
出演する球団関係者は上記の3球団だけ。
これはつまり、他の9球団は今後の球界に関して有効な考えを持っていないと
解釈してよろしいのでしょうか?
ただ、これはNHKが出演させる球団を選んだだけかもしれません。
とはいえ、実際に他球団の考えをあまり聞いたことがないのも事実です
中日は「来年のことを今考えてもしょうがない。」とか言ってるし。
(もっとも少なくとも巨人は自分の考えを持っているはずですが、
 何か出たくない理由があって断ったのだと思います。)
恐らく、球界縮小に対する覚悟を持っているのは
12球団中上記で挙げた阪神とロッテの2球団だけだと思います。


僕は球界縮小は確定事項だと考えているので
12球団はどうやって縮小していくか、今真剣に話し合うべきと考えています。

順々に縮小させていかないと
一気にバブルがはじける時がやってきて、ものすごい危険です。
自分の予想通り、衰退に対する覚悟が無いまま突き進み
この先激動を迎えることになるのでしょうか。
posted by 21 at 20:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりにコメントします。
私自身巨人も覚悟しているのではないかと思っています。野球人気の低下を最も感じている業界に身をおいていますから。ただし読売の作ったプロ野球を自ら縮小だと言ってしまってはもともこもないですからね。
軟着陸を模索しているのではないかと思います(最近の報知は巨人一面は激減していますし、読売新聞もサッカー記事が増え私は読みやすくなっている気がしてしまい
ます。)
ところで最近渡邊常雄さんが他のチャンネル(筑紫哲也のニュース23)などに出演してますが、まったくヒールとして扱われていません。(護憲派として出演しています)。
阪神の村上ファンド防衛が評価されたのでしょうか?
それはそうと、渡邊さんやせたのではないでしょうか?何か覇気がないような。もしかして命を縮める病気にでも御罹りなっているのではないかと余計なことを考えてしまいます(インタビューでも僕はいつ死んでもおかしくないからいっときたいことがあるとおっしゃてましたし)。

Posted by さか at 2006年01月26日 23:07
なるほど。
確かに巨人には縮小を見越していると推測できる点がありますね。
アジアシリーズやWBCの主催もその一環だと思います。
(巨人戦中継が衰退したときのための
新しい収入源確保)
ここで、僕が興味深いのは
「巨人が思い浮かべる縮小」と「阪神やロッテが思い浮かべる縮小」は
違うのではないかということです。
阪神やロッテは地域密着を目指していて、
今とは違う収益体制を持つ球界を考えてそうです。
一方、巨人は全国展開を目指していて、
僕はこれを巨人戦衰退の被害を最小限に食い止め
今の収益体制を縮小させたような球界を考えている現れなのではないかと
推測しています。

>ところで最近渡邊常雄さんが他のチャンネル(筑紫哲也のニュース23)などに出演してますが、まったくヒールとして扱われていません

ニュース23なら、単に二人が反小泉で一致してるからとか?

>もしかして命を縮める病気にでも御罹りなっているのではないかと余計なことを考えてしまいます

前にも書きましたが、去年痔でMRI検査をしたそうです。
が、通常痔ではMRI検査をしないそうで
本当は腸癌の疑いがあったのかもしれません。
腸癌では無かったにしても、大げさな身体検査は
何か不健康がある証拠だと思います
Posted by 21 at 2006年01月28日 00:15
ロッテの瀬戸山代表は球団数を拡大したいと言ってますがね。
Posted by ななし at 2006年01月28日 00:22
そういえば言ってましたね。
忘れてました。
今より経費のかからない球団が
各地域にあればいいという感じでしたね。
Posted by 21 at 2006年01月28日 18:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12324359

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。