2006年01月17日

砂上の城

球界問題とは関係ありませんが、

ライブドア粉飾指示、1億円付け替えで子会社黒字に
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060117i206.htm?from=main2 (読売新聞)
 [記事本文]
インターネット関連企業「ライブドア」の関連会社「バリュークリックジャパン」(現ライブドアマーケティング)が2004年1〜9月の決算で、ライブドアの別の子会社の預金1億円を自社の売り上げに付け替え、実際は赤字だったのに黒字に粉飾していたことが、関係者の話で分かった。

 このウソの決算発表は、16日に始まった証券取引法違反(風説の流布)の捜索容疑となっている。粉飾工作は、ライブドア本社がメールで指示していた。
(以下、省略)


ライブドアに激震が走ったのは、突然のことです。
次の球界再編もこんな風に突然起こるのかなあと感じました。

しかし、2004年にライブドアが参入しなくて本当によかった。
粉飾決算は罪が重く、即上場廃止です。
今後の展開は東京地検特捜部次第ではありますが、
ライブドアの決算は以前から粉飾の疑いが指摘されており
上場廃止になる恐れがあります。
もしもライブドアの上場が廃止されると、
実態の無いライブドアは球団を持つ体力などなくなってしまうでしょう。
2004年にライブドア球団が誕生していたとすると、
その球団を手放すことになっていた可能性が高く
ライブドア球団破綻から、今ごろ球界再編が起きていた可能性があります。


それにしても、ソフトバンクや楽天は大丈夫かな?

とりあえず、ライブドアの広島カープ買収はなくなったと思うので
ナベツネさんは喜んでいることでしょう。

 堀江社長を痛烈に批判 巨人の渡辺会長 http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20060116-00000064-kyodo_sp-spo.html (スポーツナビ)
 [記事本文]
証券取引法違反の疑いで、ライブドア本社や堀江貴文社長の自宅などが東京地検特捜部に家宅捜索されたことについて、プロ野球巨人の渡辺恒雄会長は東京都内のホテルで16日、「まあ、ああいう人だよ。ハゲタカファンドの運命はああいうものだ」と痛烈に批判した。
 渡辺会長は昨年10月下旬、堀江社長が広島球団の買収に積極的に動いているとし、球界への進出を警戒していた経緯がある。同会長は今後の展開について「横に広がらなきゃいいがね」と微妙な言い回しで懸念を示した。(←SBや楽天のこと心配してるのかな?)
(記事終わり)
posted by 21 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。