2006年03月24日

指定管理者制度はどのくらい有効なのか?

また「地方では人気」か・コメント欄nanashiさんに対する
ブロガーからの回答


 nanashiさんのコメント
>nanashiさまへさまへ
「指定管理者」制度をご存知ですか?
今までプロ野球界が赤字ばかりだったのは、
1.「親会社の宣伝媒体」だからまじめに黒字化に取り組んでこなかった
2.球場との一体経営ができなかった。球場の収益はすべて球場のものだった
主な理由はこの2つでしょう。
今現在1.のままでいいと考えてる親会社はほとんどないでしょう。
大事なのは2.です。ことしから千葉ロッテは千葉マリンの指定管理者になりました。原則球場の広告・テナント代は球団に入るようになります。これは収入を増やす為大きなことです。
楽天の単年度黒字化か球場の収益を球団が持つようになったのが大きな理由でした。

「巨人が強くないとプロ野球は滅ぶ」と言う発想は昭和脳としか思えませんけどねえ。
管理人さんは会社経営しておられるのですか?千葉ロッテや福岡ソフトバンクの経営陣の取り組みがムダだとお感じになる根拠はどのあたりでしょうか?
少なくとも「巨人戦で露出が増えて宣伝になる」と言うビジネスモデルは持っていないと思うのですが


プロ野球の場合、指定管理者制度というのは簡単に言うと
「公営球場の経営を球団に任せる制度」であり、
球団が指定管理者に認定されると
球場の利益が球団の収入となり経営改善につながるので
注目されています。

では、指定管理者制度がどの程度有効なのか考えてみます。

「たかが…されどプロ野球!」(宝島社)によると
2002年のダイエーがもし指定管理者に認定されていて
福岡ドームの利益も球団収入になると仮定すると、
福岡ドームからの利益によって
減価償却費を除いて32億円の営業改善が見込めるそうです。

ただ、ホークスは福岡で圧倒的な人気を誇る球団なので、
それより人気の低い他の球団が指定管理者になったところで
同じように30億円余りが収入になるわけではないでしょう。
例えば横浜スタジアムの利益は、
ピーク時と低迷時では10億円ほど差があります。
ここから、不人気球団でも指定管理者になると
球場から最低20億円ほどの収入が見込めると考えてみます。

精一杯の営業努力を行った去年度のロッテ球団の最終純益が-29億円です。
他の球団も精一杯努力して球団の純益を-30億円ほどにしたうえで
指定管理者にも認定されたと仮定すると、
地元で神がかり的人気があれば数億円の黒字ですが
逆に恐ろしく不人気だと数億円の赤字になってしまうので
定常的な黒字は難しいと思います。

とはいえ、数億円の赤字なら親会社によっては、補填ができる範囲でしょう。
「ほら、巨人がなくても全球団が指定管理者になれば生きていけるじゃないか。」


では、なぜブロガーが
懸命の経営努力のうえ、さらに指定管理者制度をフル活用したとしても
なお巨人戦がないと苦しいと考えるのか?
それは、巨人戦がなくなり野球のテレビ露出が減ることで、
野球の人気がぐんと下がるからだと推測しているからです。

以前にも書きましたが、巨人戦中継衰退の真の恐怖は
放映権料収入減少ではなく、露出度の減少による人気低下だと
いうのが僕の考えです。
TV局が野球中継をゴールデン帯から撤退させたら
TV局は野球の宣伝をする必要がなくなりますから、
野球の報道をかなり減らすでしょう。
例えば、今は少なくともペナント中は
毎日野球の結果がニュースで流れますが、
ゴールデン撤退後はペナント中でも無視かもしれない。
実際、去年の某ニュース番組のスポーツコーナーは
8月ごろは3日に1回ペースでしか、プロ野球の結果を報道してませんでした。
(これは数を数えたので、そのうち公開します。)

指定管理者認定による球団経営も
現在では考えられないくらい野球人気が低下して
頼りの球場収入もかなり減る可能性が考えられます。
だから、経営努力をして指定管理者にさえなれば、
巨人戦がなくてもプロ野球の未来が明るいとはいえないと思うのです。


ただ、僕の主張には致命的な欠陥があって
それは「マスコミ露出が減れば野球人気が超低下する」と言い切るための
確固とした証拠がないことです。

「マスコミ露出が減れば野球人気が超低下する」というのは
あくまで個人的な予想であって、
「いや、そんなことはない。
 マスコミ露出が減ったって、大して人気は低下しない」
「プロ野球界が人気をとるための努力を続けていけば、
 人気低下などしない。」
などといったお考えであれば、
ブロガーの意見とは永遠に平行線を辿ることになります。
だけれども、プロ野球の視聴率を語るスレやblogが成り立つのは
ブロガーと同じ予想をしている人が多いからだろうことから、
「マスコミ露出が減れば野球人気が超低下する」という予想は
割と一般的な、誰もが思いつき得るような考えであろうことは
付記しておきます。


あと、最後に。
ソフトバンクは報道による露出があるために
赤字を補填しています。
これは、孫社長がはっきり言っています。
ソフトバンクのビジネスモデルには、
「巨人戦で露出が増えて宣伝になる」が織り込まれています。
posted by 21 at 23:49| Comment(26) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。