2005年11月29日

巨人中継異状あり

テレ朝、巨人戦放送削減へ 「スポンサーの見方厳しい」
http://www.asahi.com/sports/update/1129/111.html (asahi.com)
 [記事本文]
テレビ朝日は29日、来季のプロ野球・巨人戦の放送を削減することを明らかにした。早河洋専務が記者会見で述べた。何試合削減するかは、今後検討する。

 同局は今季、巨人戦を19試合放送した。17試合がゴールデンタイムで、平均視聴率は11.1%。同局はゴールデンタイムの目標視聴率を13%に設定しており、この数字に届かなかったことと、スポンサーが巨人戦に厳しい見方をしていることが削減の理由という。 (記事終わり)


日テレ、来季巨人戦の放送枠は白紙
(日刊スポーツ・朝刊)
 [記事本文]
日本テレビの久保伸太郎社長が28日都内で定例会見を開き、今年の年間平均視聴率で
史上最低10.2%を記録した巨人戦中継について、依然として来年の放送枠が固まってないことを明らかにした。
久保社長は「現在、鋭意交渉中で、今年と同じ(放送枠)にするのかも含めて、
まだ決まってない。他局の問題もあるので」と言葉を濁した。
昨年から続く視聴率不振で、今年の放送枠をめぐっても今年1月まで決定がずれ込んだが、
来年に関しても以前白紙の状態。
久保社長は「年内いっぱいできめたい」と話すにとどまった。(記事終わり)


とうとうこの日が来ました。
プロ野球界、特にセの球団にとっては深刻な話です。

今までこのブログでは、呑気にWBCや独立リーグについて書いてきました。
が、巨人戦削減の重要さは、WBCやら独立リーグやらの比ではありません。
現在のプロ野球は、巨人戦なしでは成り立たないからです。
(詳しくはこちら→プロ野球の視聴率を語るblog 初心者の部屋)
WBCや独立リーグを「種をまいて10年後の収穫を楽しみにする夢」だとすれば、
巨人戦削減は「今月の生活費が無いという差し迫った現実」というところでしょうか。

巨人戦削減を真っ先にやるなら、テレビ朝日…
こう予想していた人は多いでしょう。
テレ朝は、球団に関わってないため
直接的にプロ野球とつながってるわけではないからです。
(フジ:ヤクルト、横浜 TBS:横浜 日テレ:もちろん巨人
ただし、テレ朝は甲子園主催という意味で間接的にプロ野球と関わっている。)

そして、巨人戦を放映「しなければいけない」日テレも放送枠が決まらない。
スポンサーがつかないのでしょう。
視聴率5%を記録するようなゴールデン番組に
どこの会社がお金を出したがるでしょうか?


巨人戦削減はテレ朝だけでは終わらないはずです。
TV局は、非常に横並び意識が強い。
今年の野球中継延長取りやめや深夜送りも、
一局が始めたら、一斉に他の局も倣いました。
テレ朝の巨人戦削減を受けて、フジやTBSも同じことをするでしょう。
特に、フジは視聴率に対してシビアなので
テレ朝以上に思い切った処置を取ることが、予想されます。

また中継放送の削減だけでなく、放映権料の値下げも行われるでしょう。
(削減より値下げの方が、球団にとっては痛手)
そうすると、少なくとも広島は確実に潰れます。
新球場建設どころではありません。
今日、プロ野球界は瓦解に向かって一歩踏み出しました。
早いところ、何か手を打たなければいけないのですが
策はあるのでしょうか?
posted by 21 at 23:18| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。